不動産投資

年季の入った家

売却のタイミングを逃さないようにしよう

中古ワンルームマンション等の収益物件を1戸保有して不動産投資をしていると、その価格が上がってきていることがわかっていても、なかなか売却できずにそのタイミングを逸してしまうというケースがあります。保有している1戸に愛着が湧いてしまいなかなか手放すことができないという人も少なからずいるのです。かといって中古ワンルームマンションをいくつも持つほどの資金はすぐにはできません。こういった状況の人には上場不動産投資信託で運用をすることをお勧めします。上場不動産投資信託は投資口価格が100万円以下のものが多く、投資口価格が低いものであれば数万円で購入することができます。毎月の給料の一部を購入資金に充てることもできるのです。

上場不動産投資信託を切り売りしていこう

同じ銘柄を複数口保有することができるので、一部を売却して、残りを保有し続けるということも可能です。相場を見ながらキャピタルゲインを得て、また下落してきたら買い増していけばよいのです。証券会社に口座さえ持っていれば、インターネット上でも売買することができるため、気軽に取引をすることができます。以前は不動産でキャピタルゲインを得るというと実物不動産を売却するくらいしか方法がありませんでしたが、上場不動産投資信託の登場で、個人でも気軽に不動産市場の状況を見ながらキャピタルゲインを得ることが可能となりました。上場不動産投資信託の売却と購入をうまく繰り返していけば、資産運用において良好なパフォーマンスを得ることができます。