先を読まずに土地を

お札の上の人々

信頼できる会社とじっくり付き合う

住宅不動産取得の際に、重要となるのが土地探しですが、先を読まずに土地を購入してしまうと思わぬ失敗をしてしまうので、まずは、土地の取得の前に理想のイメージを膨らませることが大切です。まずは、どんな空間で、どのように過ごしたいのかを家族で話し合い、優先順位をつけていくと、自分たちの探すべき土地がみえてきます。 また、土地探しは本来、1社で探すのがいいとされており、なぜなら、不動産物件が登録されているシステムは宅地建物取引業の免許さえあれば、同じ情報が共有されていますので、じっくり付き合える不動産会社に出会えるかどうかがカギになるのです。 紹介よりも相性の良しあしを自分で確かめてから選定し、契約書を交わす前には、重要事項説明書を理解するために、契約の数日前には入手して、契約前に疑問点を解決することが重要になります。

購入前から建築家とはかかわるようにする

不動産会社にて土地を探している最中で、まだ、土地を決めていない段階でも、すでに家づくりを頼んでみたい建築家や建築会社が決まっているのであれば、住まいに求める条件を整理したのちに、それを基にして、どんなプランが考えられるのかを相談することもできます。もちろん、具体的な土地が決まっていない以上、正確な設計図はつくれませんが、家に求める条件を話して、大まかな設計プランを出してもらうことも可能です。 土地の条件というのはさまざまで、敷地の形や広さ、日当たりの良しあしだけでなく、地盤によっては改良工事が必要になることもあります。また、住宅密集地では、すこやかな住宅環境を保つための高さ制限の規制が厳しく一般の人には判別しにくいこともあるのです。 これぞという土地に出会ったときに、買うべきかどうかを建築家に相談できるような環境を作って置くのがよく、建築家に相談しながら土地探しをするくらいのスタンスで、購入前から積極的にかかわっていくのがポイントになります。