契約書には目を

大きなマンション

不動産会社と交わす契約の種類

マンションの売却を行なう際には、仲介業者となる不動産会社と契約する必要があるのですが、契約書には必ず目を通すようにしましょう。 契約書には非常に重要な情報が書かれているのですが、これをあまり読まない人がいるので注意が必要です。最低でも、自分の契約の種類は把握しておくようにしましょう。 不動産契約には種類があり、専任媒介契約と一般媒介契約があります。専任媒介契約とは不動産契約を1社に限定する方法で、他社と契約をすることはできません。一方、一般媒介契約は別の不動産会社に売却を依頼することが可能な契約方法です。 契約方法によって仲介手数料も違ってきますし、専任媒介契約なのに、別の不動産会社と契約すると契約違反となりますので、自分の契約方法の種類は、きちんと把握しておきましょう。

専任媒介契約の種類と特徴

マンション売却の際の不動産会社との契約は、大きく分けると専任媒介契約と一般媒介契約の2種類に分類されますが、専任媒介契約は、さらに専属専任媒介契約と通常の専任媒介契約の2種類に分類することができます。 どちらの専任媒介契約も契約できる不動産会社は1社のみですが、通常の専任媒介契約では、自分でマンションの売却相手をみつけた場合は、不動産会社を介さずに売却することが可能で、これは一般媒介契約でも適用されます。しかし、専属専任媒介契約では自分で売却相手をみつけることはできません。その代わり、サポートは他の契約と比較すると、徹底して行なってくれる傾向が強いようです。 自分のマンションに興味を示している知り合いがいるなら通常の専任媒介契約や一般媒介契約でも良いですが、自分で売却できる自信が無いのであれば、サポートが徹底した専属媒介契約を選択した方が良いかもしれません。